写遊百珍

大阪国際メディア図書館「写真表現大学」研究ゼミ生・TA。各種講座のレポや、関西・東京の写真展、アート展示を特集。

【ART】R2.8/21_ラバーダック @天満橋・八軒家浜

巨大な巨大なラバーダック氏が、天満橋の「はちけんや」(八軒家浜)に11年ぶりに帰ってきたという。わあい。「可愛いは正義」を貫く存在です。

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220906j:plain

【会期】2020.8/1(土)~8/31(月)

 

梅田あたりから行こうとすると、場所が難しくて、なんだかんだで徒歩が一番早い。最寄り駅が京阪電車の「天満橋」駅なので、JRが全然使えず、やるとしたら地下鉄・御堂筋線で梅田⇒淀屋橋、そこから徒歩ですかね。結局徒歩。がんばろう。

※パイセンから「梅田・JR大阪 ⇒ 東梅田駅 ⇒(地下鉄谷町線)⇒ 天満橋 が早いで」とご指摘いただきました。うわああ。ごめん谷町ゃん。※大阪人は谷町線の存在を忘れがちです 

 

しかしこの日は気温がむちゃくちゃで、10分歩いたら死にそうになります。死にませんけど。死にそうや。暑すぎるせいか盛夏を過ぎたせいなのかセミすら黙りこくっている。シャー。

 

梅田から堂島川まで南下、大阪市役所や大阪市中央公会堂あたりまで来たら東へ移動。歩くのは健康によいはずだがこの日は違った。実は人間は太陽と仲良くなかったのではないか?  うぐう。死にそうや。あかん。

 

16:05

せっかくなので、難波橋から中之島ばら園」を通って八軒家浜を目指します。うぐう。死にそうや。これはあかん。なにがせっかくや。いみがわからん。

 

バラ園と言いながら、バラの花はシーズンオフで、緑しかない。知ってた。暑い。これはたいへんに暑い。ラーララー。

f:id:MAREOSIEV:20200821220759j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821220812j:plain

わあいバラだ。人間はバラの養分になったので無人です。うそです。中之島ビアガーデン ”R” RIVERSIDE GRILL & BEER GARDEN」が炎天下の中で開店していて、あとは散歩・ジョギング的な人が1,2人現れるかどうか。まあまだみんな働いてる時間だしな。勤務中に花の咲いてないバラ園をウロウロしてる輩がいたらそいつはもう見えないものが見えてるか、現世の美に憂いているかのどちらかです。デヘッ。

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220826j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821220743j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821220631j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821220656j:plain

バラの中にも咲いているのがあって、セミすらおし黙るこの強烈な猛烈な暑さの中で、咲いているだけでえらいなあと思います。思いますよ。どうなってんの。雲が出てるから陽射しは強くないのだが、空気自体がお湯みたいに熱を持ってて粘っこい。逃れられない。ひまわり的な花はこのとおりのイエローゾンビ状態。

公園の端の方に来ると、もう服を脱いで寛いでる人もいるし、中には住んでしまっている人も現れる。路上な人を久々に見ました。今時珍しい。梅田や大阪城公園の路上で寝てた人達って一体どこに消えたんでしょうね。施設に収容されたのか地下帝国でも創造したのか...

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220643j:plain

夏の終わりの雲が上空にもくもく。この一時間半後、雲の発達がすごくなって大阪を雷雨が猛攻撃します。あつい。意識がやばいぞ。意識。私はくも。あああ。

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220840j:plain

中之島公園 芝生広場」の東端に来ました。ここまで来るとやっとラバーダックの全身が見える。ばら園入口から15分も歩けば着くよ。暑すぎて歩行速度が上がらんのだ。ダックの背後の建物が京阪シティモールおけいはんは京都の印象が強いですが、大阪側はオフィス街へ連結しとるのす。

 

このへんまで来る人はなかなかおらず、草むらに座り込んでだべってる外国人や、裸で寝てる人が何人かいて、夏の裏側の光景という感じ。良い。やっぱりさあ、公共の空間って自由がないとだめだと思う。都市の秩序と管理も大事やし、快・不快とか迷惑とかも分かるけど、自分とはカオスのことぞ。ここは地球やぞ。惑星なんやぞ。太陽の恩恵にあずかれ。スーツと制服どものための星ではない。わああ。

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220854j:plain

良い空だ。(※あとで雷雨が大阪を襲撃します)

 

ダックに対する私の反応がわりとドライなのは、もう10年前からラバダ(略)を追ってるからです。 

 

www.hyperneko.com

www.hyperneko.com

 

( ´ - ` ) 当時はまだ若かったので、巨体あひるに一喜一憂していました。「可愛いは正義」と双璧をなす真理が「巨大は正義」で、昔などは岩が大きいだけで信仰の対象になったりしてきたわけでさあ旦那。へっへっへっ。ですからこの可愛くて巨大なあひるは、すげえってことでさあ旦那。へっへっへっ。

ラバダ(略)は、八軒家浜に来ていた時期と、堂島ほたるまちの方へ移ったりしていた時期があって、「11年ぶり」と言いつつ、大阪キタとしては見慣れた定番マスコット化している存在。見慣れているがゆえにラバダ(略)への反応が冷静かも知れません。それだけ大阪の風景に馴染んでいるとも言えるし、暑すぎてとうとう心が動かなくなっただけかもしれぬ。ギギー。

 

 

あっ視界の端でシャーッて

 

なに、

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220710j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821220725j:plain

公園の先端にあった変なオブジェが実は噴水だったと知って、そっちの方が逆に驚きでした。巨大ロボでも格納してるんか。

この放水がちょうど16:15だったので、毎時15分おきに放水するのかもしれません。

 

さてラバーダックのご機嫌を伺うとしますか。

もうこっちは暑さで汗腺がおかしくなっており、汗というか命が垂れ流しになっています。ゆるさん。だめだ。あたしはだめな人間だった。急に懺悔し始めます。あああ。 

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220934j:plain

巨大な存在は大仏と置換しうるのか否か。イメージ、デザインがモノとして強まり、表象であることを圧倒的に超えていくと、信仰に近づくのか?

肉の盛り上がりが圧倒的で、可愛いというより「頼りになる」印象がある。質感が逞しいのな。濃い黄色というのが健康体でタフな、「明るい肉」のイメージを強く醸し出すせいか。

f:id:MAREOSIEV:20200822001640j:plain

さっそく新型コロナに対応した説明書き。「漂えど沈まず」という標語を掲げていて、皆に癒しを届けるために登場したのですということでした。解説文から「ラバーダック」という語が無くなり、「あひるちゃん」になっている。匿名性が圧倒的に高くなった。万人向けに薄めたのかな。

 

あひる、単なるイベント遊具みたいになっていますが、フロレンティン・ホフマンというオランダ人アーティストの「作品」なのです。そのへんの経緯とかコンセプトの解説が全部消し飛んでるので、大阪独自の可愛いイベントキャラみたいになっていますが、世界のあちこちで同じ形のやつらが活躍してきたのです。誰も傷つけず、どの政権や国家にも与しない、平和の兵器であり、地球規模で考えるとなかなか奥の深い&実行力の高い存在であります。

 

www.hetgallery.com

 

今回はグッズがかなり多い。Web・アプリから購入手続きをとるシステムです。

f:id:MAREOSIEV:20200821221823j:plain

以前はダックレプリカを買うのにめちゃめちゃ並んでて、苦労して早くから並んだりしましたよ。寒かった記憶がある。

アイテムのラインナップはこちらのサイトでも確認可能。

www.hetgallery.com

 

f:id:MAREOSIEV:20200821221853j:plain

これは「道の駅」の川バージョン「川の駅はちけんや」。涼をとったり休めます。むりしたらあかん。休みましょう。これは「道の駅」の川バージョン、涼をとったり休めます、暑いと脳がメビウス化してループします。フジの直撃LIVEグッデイで、まともに現地から喋れなかったリポーターがスタジオに返そうとするが、安藤優子が笑いながら現場へ返し返して、老害とかパワハラとかで世論ブチギレでえらい炎上でした(8/20)。暑いときに炎上すんなや。メビウスの脳を解くには冷やさねばだめです。私に冷やす気が毛頭ないのは、たぶんメビウスの先に何かがあると思ってるか、メビウス状態ならストロングゼロ1本分に匹敵するから得したと思ってるか、これは「道の駅」の川バージョンで

 

f:id:MAREOSIEV:20200821221925j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821221011j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821221027j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821220959j:plain

後ろ姿がたくましいんすよ。おけつの皴とかヒダが生々しい。空気生命体。至近距離だとおけつが主に見えます。

 

f:id:MAREOSIEV:20200821220920j:plain

なんか川の上をピクニックと。ボートがテントのように屋根展開できて日光を防げるのだという。空気自体がお風呂状態だから効き目が薄い気がするが・・・。あと川の水がそれほど綺麗でもないのであまり涼を感じない。まあ下流ですからね。

 

川の淀みには藻が発生していて、色んなゴミが浮いていたのですが、

f:id:MAREOSIEV:20200821221730j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821221715j:plain

( ´ - ` ) シャア専用ザクサザビーの乗り捨て事案が発覚。

 

なにわのシャアかな・・・。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20200821221203j:plain

ジオンの行く末など我関せず、遠くを見つめるラバーダック。その眼は虚しい。

 

ほんと写真に撮ってしまうと涼し気に見えるなあ。絶対零度の映像表現というのも考え物ですね。暑かったんだよ。この写真は事実だが事実ではない。自分が何を考えてたか8割以上忘れましたが、たぶん思考の8割近くは「暑い」「たまらん」「汗が」だったと思う。盛夏、人はバカになり、幸せの正体に、気づく。帰ろう。

 

ここで京阪に乗って移動すればよかったのに、JRで移動しようとし、大阪天満宮駅がすぐ近くにあると勘違いして、天満橋を渡ります。後で苦労した。

 

f:id:MAREOSIEV:20200821221150j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821221137j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821221122j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821221107j:plain

橋を渡っても駅などないので、大阪天満宮の方へ引き返すわけです。ヒー。水分が抜けるダボダボ。背中がビチャビチャです。ただ、日が陰ってきて、少し涼しくなった気がした。

 

天満エリアの曽根崎通と大川の間は、民家と小ぶりなオフィスが多く、これもまた独特な感じ。梅田と全く違う。道路が広くて空間がゆったりしている。あつい。

 

f:id:MAREOSIEV:20200822020718j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200822020516j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200822020546j:plain

太陽的なものを撮っているのは、Canonの85㍉F1.2単焦点レンズを持ち歩いていたからです。使い勝手が異様に悪くて、やや離れた建物や空とかを撮るには良いですが、それいがいの仕事がパッとしない。

 

17:05 大阪天満宮に到着。

f:id:MAREOSIEV:20200821222055j:plain

これ狛犬っていうか古代の魔物では。爪の打撃で毒とか呪いのステ異常を付与されそうだし、強そう。

200円払っておみくじ引いておきました。安定してるから平々凡々とやれ的なアドバイス。はい。なにもしないをやります。

 

f:id:MAREOSIEV:20200821222028j:plain

f:id:MAREOSIEV:20200821221959j:plain

こうしてラバーダック2020詣では幕を閉じたのであった。

 

( ´ - ` ) 完。