写遊百珍

大阪国際メディア図書館「写真表現大学」研究ゼミ生&TA。各種講座のレポや、関西・東京の写真展、アート展示を特集。

ART(リボーンアート)

【ART】リボーンアート2019⑥ 鮎川エリア(後編:鮎川東部・コバルト荘方面)

【ART】リボーンアート2019⑥ 鮎川エリア(後編:鮎川東部・コバルト荘方面) 鮎川エリア、町から山道を10分ほど走ると「コバルト荘跡地」に辿り着く。石川竜一が穴を掘り続けていることが以前から話題になっていた。写真家が穴を掘る。どういうことだ? 全く…

【ART】リボーンアート2019⑥ 鮎川エリア(前編:鮎川中心部)

【ART】リボーンアート2019⑥ 鮎川エリア(前編:鮎川中心部) リボーンも佳境、牡鹿半島の最深部・先端の「鮎川エリア」です。1泊。吉増剛造、野口理佳、石川竜一などビッグネームが並んでおり、楽しみにしていました。楽しかったです。くじら。 くじら。

【ART】リボーンアート2019⑤ 宮城県・網地島エリア_南部(長渡港~ドワメキ灯台)

【ART】リボーンアート2019⑤ 網地島(あじしま)_南部(長渡港~ドワメキ灯台) ( ´ - ` ) 島内の作品を観れてません。なぜなら会場が開く前に行ったからだ。わはは。 結論として、とてもすてきなねこがいます。

【ART】リボーンアート2019④ 小積エリア

【ART】リボーンアート2019④ 小積エリア 「小積(こづみ)エリア」、さきの「荻浜エリア」からまた車で10分たらずで到着。海から少しだけ内陸、豊かな森を背景に、鹿肉処理施設「フェルメント」の周囲で作品が展開される。

【ART】リボーンアート2019 ③荻浜エリア

【ART】リボーンアート2019 ③荻浜エリア 最も海に近付ける荻浜エリアでは、名和晃平がエリアキュレーターを務める。カキ養殖を行う海の現場は森とも近接しており、砂浜ではなく荒々しい岩石が波打ち際に続く。さわやかな潮風とともに、大地の力も感じるエリ…

【ART】リボーンアート2019 ②宮城県・桃浦エリア(旧荻浜小学校)

【ART】リボーンアート2019 ②宮城県・桃浦エリア(旧荻浜小学校) 自分が巡った順に振り返りますリボーン。桃浦エリア続編・旧荻浜小学校の展示です。校舎内・体育館・プールにまで作品があり、かなりのボリューム。わあい。

【ART】リボーンアート2019 ①宮城県・桃浦エリア(防潮堤、ファーム)

【ART】リボーンアート2019 ①宮城県・桃浦エリア(防潮堤、ファーム) 2019.9/21-22にかけて、駆け込みでリボーンアートを鑑賞しました。結論として、往復4万掛かったけど、無理して行って良かったです。再生途上にある東北と、それと呼応する(せざるを得ない)…